スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出会い系で釣った美人受付嬢と制服プレイしちゃった

出会い系で釣った美人受付嬢と制服プレイしちゃった

俺、婚約者がいる。
同じ歳の27歳。
いずれ結婚する。

価値観も似てるし、セックスの相性もいい。
そこそこ綺麗だし、嫁さんにぴったりかもしれない。

でも一つだけ不満があるんだ。
制服プレイさせてくれないこと。

実は俺、その手の趣味に目覚めてOLの制服を買ったんだ。
そしてある日ラブホに持ち込んだ。

「なあ、制服プレイしないか?これ着てエッチしようよ」
「変態!」

この一言で拒否。

「それすぐに捨ててよね。今度買ったら承知しないわよ」

もちろん捨ててないけど、それから婚約者の前で制服プレイのことは口にしなくなった。

でもその願望が消えたわけじゃない。
何とかこの欲求を満たす方法はないものか。
そして考えあぐねた結果、出会い系の門をたたくことにしたわけ。

一回だけでいいから制服プレイがしてみたい。

割り切り相手なら協力してくれるだろうと思った。

ちなみにこれは浮気じゃない。
完全な遊びだ。
俺、自分にそう言い聞かせて出会い系サイトのPCMAXに登録したよ。

そして数日後、25歳の明るそうな女の子を見つけた。
職業は会社員(OL)みたい。
ぱっちりした目でにこっと笑ってピースサインしてる。

彼女の書き込みの最後の部分に目が行った。

「・・・刺激が欲しい今日この頃デ~ス!」

刺激か。
この子なら協力してくれるかもしれない。
早速キーボード叩く。

「コスプレしてみる気ないですか?制服プレイとか」

「わ~。興味あるある!うちの会社って制服ないから憧れる!いいよ。やろうやろう」

明るい子だ。
結局ホ別2で制服プレイが許された。

これで俺の長年の夢がかなえられる。
ああ、よかったよかった。
楽しみだなあ。

俺、フィアンセの自宅のある練馬に向かって柏手を打ったよ。
「一回だけだから許しておくれ」

当日定時になると、逃げるように退社したよ。
フィアンセがちらっとこっち見たけど無視。

当日、池袋サンシャインの前で待ち合わせた。
初めての割り切りで胸がドキドキ。

「こんばんは」
「ホテル行きますか」
「行きましょう・・・制服楽しみ」

近くのホテルに入った。
初めて婚約者以外の女とホテルに入る。
新鮮で刺激的た。

部屋に入ったら、さっそくカバンの中から制服を取りだした。

紺色ベースの制服。
首にピンクのリボンが付いてる。
でもコスプレ用なのでスケベっぽいし、超ミニスカ。

「可愛いけど、きわどいわね」
「きっと君に似合うよ」
「むこう向いててね」

急いで着替えるOL。
布がすれる音がする。

「いいわよ」

腰のくびれがセクシー。
ぱんと張ったお尻。
ミニスカの下のいやらしい太もも

「そしてどうするの?」

彼女の目が俺の股間に行く。
すると、急に無表情になって視線をそらした。

勃起してテント作ってるのを見たんだな。
見られた以上、即セックスしかない。

「こうするんだ」

勃起した熱いものを太ももに圧しつけた。

「ぃやあんっ」

制服の上から乳を揉む。
意外に豊かな乳だった。

婚約者のより大きいかもしれない。

ベッドに倒して、制服のボタンを外して生乳を舐めた。
柔らかくて、ぽよんぽよんしてて気持ちがいい。

紺の制服からこぼれる生乳。
これぞ制服プレイの魅力。

「ああ、ああっ・・・いい・・・」
「俺もいいよう・・気持ちいよう」

ミニスカをめくったら、生マ○コだった。
思いきり開脚して、壺の周辺に舌を這わせる。
恥丘のすぐ下にある突起物を舌先で舐め、吸う。

「ぃやあんっ!・・・いやッ・・いやッッ」

上に覆いかぶさって乳首を狂ったように舐める。
勃起物を恥丘にずんずん圧しつけながら。

「生で挿れていいか?・・・生で」
「いやあ・・・やめて」
「生で挿れさせてくれたら受付嬢やめていいぞ」
「ぷっ!」
少し笑う。

「受付嬢から営業課長に昇進させてやる。給料もあがるぞ」
「そうなの?嬉しいわ」
「生で挿れるぞ・・・挿れるぞ」
「いいわよ・・・ああん!」

にゅるっと生で挿入。

なにこれ。
凄い快感。
(*≧m≦)

婚約者とのセックスは100%コンドーム付。
最後は必ず外に出すからとお願いしてもNG。

だから初めての生セックス!

「おお!・・・いい!いい!」
「あッ・・ん。イイっ!」

我慢の限界まで突きまくり、子宮の奥で射精!

ピンク色の壺からじわっと白濁液が流れてくる。
初めて見る光景。

これぞ本物のセックスだ。

「中で出したけど大丈夫だった?」
「生理近いから大丈夫だと思う。でも心配」
「ごめん。少し反省してるよ」
「妊娠してないことがはっきりするまでそばにいて」

甘ったるい目で俺を見上げる受付嬢。

「生で出したんだから、そのくらいしてよ」
「そうだな」
「そばにいたいから」
抱きついてくる。

「また制服プレイしていいから」

これに心を動かされた俺。

一回きりと決めといて、そのOLと何度も割り切りを続けてる俺だった。
3か月たって妊娠してないことがわかったけど、関係は続いてる。

これからどうなるんだろう。
ちょっとため息。

フィアンセとの挙式も迫ってる。

PCMAXはこちらから



関連記事
[ 2014/12/08 18:04 ] PCMAX体験談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deaikeijyouhou2014.blog.fc2.com/tb.php/157-342ca6c3







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。