スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

清楚系OLの獣のようなセックス

久しぶりの出会い系割り切りセックスのお相手はOLさんだった。
ここで見つけた佐和さん、26歳。

清楚な女性、これが第一印象だったね。
俺、清楚な人に惹かれる。もしかしたら男はみんなそうかもしれない。
その清楚なベールを剥がしてみたい、
そのベールの向こうに何があるのか確かめてみたい。
その犯されていない美しいものを汚してみたい
男ならそう思うさ。

だけど、汚されたのはむしろ俺の方かもしれないな。
女は見た目で判断しちゃだめだってことを、今回の割り切りで知ったよ。
二人の交流はメールから始まる。

「佐和さんを見つけて、是非会いたいと思いました。当方割り切り希望です。会っていただけますか」

「ホ別2でお願いします。明日の午後2時、新宿西口の××の前。むかって一番右のすみっこ」

絵文字も何もない飾り気のない文章だけど、恥じらい気な乙女心がほのぼのと浮かび上がってくるな。
セミロングの清らかな顔をもう一度見た俺。

「時間と場所は問題ありません。ゴムはどうしますか」

「ゴムはお任せします」

うおおお、ゴムなしありってことか。
清楚な乙女の子宮に精子出していいってことかあ。
勃ちそ。

当日の新宿西口。

××前のすみっこに白系のワンピースに身を包んだ佐和さんがいた。
はじけるような微笑みを浮かべて、ぺこんと頭を下げた。

「○○佐和です。よろしくお願いします」
「○○淳です。よろしく」

銀行とか旅行代理店にこういうタイプのOLが多いかもしれないな。
頭がいいだけじゃだめで、お客さんともきちんと話さなければならない職業。

「佐和さん、ご職業は?」
「会社員です。証券会社につとめてます」

やっぱ、それ系だ。
俺の勘、当たる。

それから軽くお茶して、気持ちが和んだところでホテルに行ったよ。
そっと手をつなぐと、むこうを向いた。
でもその手は俺の手を握ってないんだ。
俺から握られてるだけ。
力も入ってない。

緊張してんのかな。
奥手なのかもな。
処女だったりして。
証券会社の処女OLに生出しか・・・・天国。!!

ホテルに到着。

「シャワーは別々がいいよね」
と聞くと
「どっちでもいいです」
と意外な反応。

でも、俺の方が緊張しちゃって
「じゃあ別々で」
って言っちゃった。

バスタオルを巻いた佐和さんをそっと抱きしめて、キス。
甘い唇だったなあ。
こんな美味しいキス、何年ぶりだろう。
割り切りで女の子に会ったら、いつもセックス前にキスするけど、こんなに甘い唇は久しぶり。
唇のかたちがいいのかな。

ベッドに横になってバスタオルをはぎ、
これまた形のいいおっぱいを揉んで舐めたよ。
なめらかな肌だった。

「うぅ・・・」

至福の時間が始まった。
同時に、それは獣のようなセックスの始まりだった。
まさかこんなことになるなんて。

佐和さんはしばらくの間だ目を閉じて
「ぅふぅぅっ・・・ぁん」
とか声だして、清楚さをあまり失っていなかった。

でも急にこう言ったんだ。
「なんか熱くってきた・・・私、激しくなっていい?」

「い、いいよ」

佐和さん、立ち上がって俺の下半身に移動すると、フェラを始めたんだ。びっくりしたよ。佐和さんがフェラだなんて。

「んぐんぐ・・・・むぐっむぐっ・・ぴちゃ!ちゅう」

頭を激しく動かして、ペニスを口でしごく。
髪が太股に当たってくすぐったい。

ペニスはたちまち勃起。
我慢できないほどの快感。

「大きい・・・すごいわ。ねえ・・・」
「はあはあ・・・なに?」
「お尻から挿れてほしいの」
「お尻から?」

いきなりバックの要求。
いったいどうなってんっだ、佐和さん。
途中で別の女に入れ替わったかな?
そんなことをまじめに考えたくなる。

後ろから挿入してセックス。
マ○コはじっとり濡れててすっと入ったよ。
にゅるにゅるした膣の感触がたまらん。

(どこが処女だ。・・・これはかなりのヤリマンだぜ)

人生わからなくなった。

「もっと強く、激しく突きまくってえ・・・」
言われたとおり、突きまくる。
ばんばんと尻をたたく音がする。

「おおうおおう」
気持ちよさで射精したくてたまらない。
もうすぐそこまで精子たちが来てる。

佐和さん、尻をこっちに向けてるけど、上半身はベッドに寝そべってる。
指を口に入れて、恍惚とした表情。

「壊してもいいのよ・・・・オマ○コ壊してもいいのよ・・ああっ!」

「もう一回フェラしたくなったわ」

セックスの途中なのに、またペニスをくわえる。
このパターンは初体験。
佐和さん、愛液まみれのペニスをぱっくりくわえたよ。

今度のフェラはさっきより激しく濃厚。

「佐和さん、イキたい」
「イラマチオで出して」

俺、佐和さんの頭をつかんで前後したよ。
佐和さんの頭と口がオナホール化してた。

喉の奥に射精。

まるで獣だったよ。
獣のようなセックス。

この清楚な姫のどこにこんな野獣性がひそんでいたというのかね。
まあ、いい経験だったかな。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

関連記事
[ 2014/10/29 20:00 ] PCMAX体験談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deaikeijyouhou2014.blog.fc2.com/tb.php/152-85bb39fd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。