スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

清楚系の女教師がドSに変身し調教される

PCMAXで出会った清楚系女教師と居酒屋からホテルOKの確約を得ました。

会計を済ませ居酒屋を出ると、ホテル街へと進みました。

会う前はあれほど警戒していたユミコちゃんも今はすごくリラックスモードになり
腕を組んで歩く姿は本当のカップルのようです。

出会ったばかりの女教師とこれから
エロいプレーを楽しむという背徳感がたまりません。

安くて小綺麗なホテルを見つけてチェックインしました。
部屋に入ってベットに腰掛けると、さっそくのディープキス。激しくお互いの
舌をねっとり絡ませると、彼女の吐息がだんだん激しくなってきます。

清楚な子が乱れる様子に股間がビンビンになり、股の部分が苦しくなりました。
そこで、ベルトを外しジッパーを下げると、ペニスがビンビンと弾力で押し出さ
れて現れました。

ユミコちゃんは私のペニスを一瞥すると、色っぽく口元をカリ先に近づけます。

舌先でペニスをツンツンとすると、徐々に深く咥えてくれました。

「ねぇ、これからSっぽくして大丈夫ですか?」と
ユミコちゃんが言ってきました。

すっかり彼女の性癖のことを忘れていたのですが、
約束なので「そうだよね。じゃあ俺Mモードになるね。」
と返事しました。

「本当にイヤだったら途中で言って下さいね。」

「分かった。大丈夫だよ。」

そうやり取りをすると彼女の目が豹変し、鋭い眼光に変わったかと思うと、

ピシャ!!

ユミコちゃんがビンタしてきたのです。

『この変態野郎!キモいんだよ。』
と睨みつけるユミコちゃん。

『こんな粗チン、しゃぶらせやがって。調子にのんなよ!』
と畳掛けてきました。

どう反応していいのか分からなかったのですが、とりあえず
『ごめんなさい。どうすればいいのですか?』と
彼女のプレーに付き合ってみました。

『それじゃ、ここ舐めてもらおうか。この乞食野郎!』
と言うと、ユミコちゃんは股を広げて、クンニを強要しました。

一生懸命、クリをペロペロしていると、
『単調なんだよ。ヘタクソ!』
と罵り、またビンタしてきました。

そして、どう舐めればいいか指示をしてきました。

どうすれば気持ちいいか指示してくる女性っていないので、
ここで教わったことはクンニなどのテクニックの習得に役立ちました。

しばらくすると、私が仰向けになり、彼女が馬乗りになってきます。

『お前、なめてんじゃんね〜よ。』
とビンタを連発してきました。

『イタっ。』

『イタッじゃねえんだよ。』
と私の髪の毛を痛くない程度に引っぱり、『クソ野郎!』と私の顔面に
唾をペッと吐きかけてきました。

これは、さすがにやり過ぎだろうと思ったのですが、まだ自分は射精をしていな
かったので、我慢しました。

こんな変わったプレーをいろいろしながら、やっとペニスの挿入までたどり着き、
最後は、なんとか普通に射精できました。

私が、射精をすると『ゴメン。痛かったでしょう?』とふつうの状態に戻り聞いて
くるユミコちゃん。

男性によっては、こんなプレーが好きな人も多いのかもしれませんが、
やっぱり、自分にとってはふつうのユミコちゃんがいいです。

彼女は、ごく普通の性癖ならぜひ付き合いたいレベルの子なんですが、
あの性癖は合わせるの辛いですね。

また、新しくセフレが見つかったら乗り換えようと思っています。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)

関連記事
[ 2014/09/10 00:00 ] PCMAX体験談 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://deaikeijyouhou2014.blog.fc2.com/tb.php/121-6c0c6ee2







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。